ICTについて

現在、国土交通省では「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入することにより、建設生産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指す取組であるi-Construction(アイ・コンストラクション)を進めています。

ICT建機の活用により、現場の生産性向上に努めます。

労働力不足やオペレータの高齢化が進む中、弊社では、ICT建機をいち早く導入し、現場での人手不足の解消や生産性の向上、効率性を追求し、工期短縮や燃料費の削減、そして若いオペレータの育成など、様々な側面から現場環境の改善に努めています。

昨年から宮崎県発注案件においてもICT現場の試行工事が進められており、自社保有のICT建機をフル活用しながら、着実に工事実績を積みあげ、日々更なる技術力アップを図っています。

自社が保有するICT建機
パワーショベル PC200i
ブルドーザー D37PXi